575@NEWS

第27回 日本伝統俳句協会賞
「毛糸編む」   久保田幸代

自転車の荷台ことこと野路の秋

コスモスに埋もれ一人となる時間

釣人は等間隔に秋の沼

秋風にとぎれとぎれの祭笛

夕食のできて月見る窓閉める

めづらしく母の夜更かし盆の月

虫の音や夜空の裾の街灯

銀杏の落ち無雑作に掃かれけり

植木屋の仕上げに採りし柿百個

外出せぬ母に小菊の花明り

どうしても遅れる一羽稲雀

幼子のなつきて哀れ秋の蝶

新聞のパズル簡単菊日和

茶の花や昼まではよく日の当たる

萬葉集巻の二が好き散る柳


鰯雲夕日にほどけ始めたる

椋鳥の一斉に立ち後しじま

人待ちて手もち無沙汰やちちろ虫

落し物さがして戻る月の道

蜜入りの林檎半分剝き二人

猫に又話しかけゐる夜長かな

障子貼る誰も訪ねて来ぬ一日

その先の明るし土手の落葉踏む

気づかずに来て紛れ込む酉の市

毛糸屋の外は凩色攫ふ

風音の回る高さの冬木立

花柊呼びとめられし心地かな

時雨るるや待合室は込みてをり

雨の日は蕪のスープを火にかけて

編みこみの赤を多めに毛糸編む




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


第27回 日本伝統俳句協会新人賞
「春 隣」   今橋周子

天高し命宿りしことを知る

これからのこと思ひみる小春かな

冬ぬくし命包める身となりて

冬籠モーツアルトを響かせて

柔らかき光灯してクリスマス

誕生の奇跡ここにもクリスマス

傍らに毛布のありてひと日かな

短日といへどつはりの続きをり

部屋小さく日差し集めて日向ぼこ

朝の雪踏み出す一歩奪ひけり

春を待つふと胎動に気付かされ

胎動のおしやべりに似て春隣

春の香を子に届けたき深呼吸

紅梅の今目覚めたるばかりかな

花びらに静寂ありて梅の花


枝先を風くすぐりて雪柳

陣痛や五月の空を仰ぎみて

初夏や真つ赤な命産まれたる

産声の響きて母となる五月

みどり児のぬくもり胸に梅雨籠

子の涙やつと乾きて明易し

覚めるたび大きくなりて昼寝の子

たらひより飛び出しさうに行水す

爽やかな風に押されてベビーカー

泣き声の止みて虫の音押し寄せる

子の眠り見届け母の夜なべかな

朝寒やまだ覚めぬ子を抱き寄せて

幼子の笑顔抱きて冬ぬくし

うたた寝を許さぬ吾子と日向ぼこ

見つめれば見つめ返す子日向ぼこ




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


第27回 日本伝統俳句協会賞佳作
第一席 「牛を診る」 安田豆作
第二席 「霧込めて」 河野美奇
第三席 「海渡る」 田丸千種
第四席 「佐 州」 森永清子
第五席 「蛍 狩」 加藤あや

☆佳作作品および選考経過は「花鳥諷詠」4月号に、本選選者の選評・受賞者のことばは5月号に掲載いたします。


これまでの575@NEWS