公益社団法人日本伝統俳句協会は、俳句を守りその伝統を正しく継承してゆこうという趣旨に賛同する方々によって結成・設立された協会です。

 私どもは日本古来からある伝統的なリズムを守る俳句、そして日本での人間と自然界の風物との脈々たる係り合いを詠う俳句、つまりは花鳥諷詠を基礎とした俳句を拠り所にし、そしてその中には人間界の営みも広く包含する新しく、しかも伝統的な俳句についての活動を目指しております。

 当協会は、昭和62年に現会長稲畑汀子のもとで発足し、翌63年には早くも社団法人として認可が下り、平成24年には公益社団法人に移行しました。これは、協会の主張とその公益性が広く世の中に期待された結果の証であるといえましよう。

 平成6年度には会員数は6,500名を越え多数の結社、さらに結社に所属していない方々にも多数加入頂いております。

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-18-9 シャンブル笹塚Ⅱ B101