稲 畑 汀 子
bar_s_1.gif
いなはた ていこ

1931年横浜に生まれる。
祖父高浜虚子、父高浜年尾に俳句を学ぶ。
現在、俳誌「ホトトギス」主宰
朝日俳壇選者
芦屋市教育委員
地球ボランティア協会会長
日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会々員

主な著書
「汀子句集」「自然と語りあうやさしい俳句」
「旅立」「虚子・年尾・汀子三代墨筆集」
「星月夜」「舞ひやまざるは」「風の去来」
「汀子句評歳時記」「女の心だより」
「自然に親しむ」
「ホトトギス新歳時記・汀子編」
「汀子第二句集」「春光」「ことばの春秋」
「汀子第三句集」「俳句のこころ」(録音)
「汀子第四句集」
「さゆらぎ」「花」「月」
「花鳥諷詠、そして未来」「虚子百句」
「俳句と生きる 稲畑汀子講演集」